-->


在宅医療のご案内

在宅医療とは
在宅医療とは、医師や看護師が患者さんのご自宅に訪問して診療を行い、医療を提供する体制のことです。当クリニックでは、外来診療とともに在宅医療も重視しております。要介護認定を受けておられて自宅で介護を受けている患者さんや、通院が困難で日々の健康管理に不安のある方は、ご自宅に訪問しての診療をいたします。

訪問診療・往診について
「訪問診療」は、定期的な外来受診が難しい方に、医師が定期的にご自宅に伺って診察します。対して「往診」は、急な発熱などで外来受診が難しい場合に、医師が臨時でご自宅に伺って診察治療します。

ご自宅に伺って定期的な診察を行なう「訪問診療」は、一定の要件を満たす方が対象となります。

訪問診療の対象となる方(例)病院への定期的な通院が困難な方
寝たきりで要介護認定を受けておられる方
ご家族での通院介助が困難な方
入院生活から自宅療養に切り替えたい方
患者さんの病状に応じて、他の医療機関や薬剤師、担当ケアマネージャーなどの多職種と協力し、在宅での療養生活がより良いものとなるよう医療面からサポートいたします。お薬や検査、医療費についても、外来診療とは少々異なってまいりますので、院長もしくは受付に遠慮なくご相談下さい。

訪問看護について

河井クリニックでは「訪問看護」も行っております。

「訪問看護」とは、看護師がご自宅での生活に不安な方に定期的に伺い、健康状態のチェックや様々な心配事のご相談に乗らせて頂くなど、ご自宅での療養生活を支援するサービスです。また、日々の健康状態のチェックの他にも、通院の判断をしたり、介護保険の申請のお手伝いをしたり、医療と介護を繋げる役割もします。

・病院に行くほどではないが、家で血圧を看て欲しい。
・自宅で療養生活を続けたいが、一人で不安だ。
・自身の健康状態や今後の生活について、相談できる相手が欲しい。
・実家で離れて暮らす高齢両親の様子が心配だ。

このような不安をお抱えのご本人様・ご家族様は、是非とも「訪問看護」をご家庭での療養上や医療上の相談窓口としてご利用頂ければと思います。看護師が定期的にご自宅に伺うことにより、毎日の生活を安心して送って頂けることと思います。

ホームへ »

ページのトップへ戻る